読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「これは私の話だ」 みりおんシシィから感じたこと

みりおんシシィについて。

実はみりおんシシィについては、まぁ様トートの話を書いた日に

手をつけていました。

が、途中でぱたっと書けなくなりました・・・。

「私がみりおんシシィから感じたものは、こんなんじゃない!」と。

人は感動すると言葉が出なくなるんですね・・・。その素晴らしさに

自分の表現力が追いつかなくなるから。

このままでは、書けずに終わってしまう!ということで、

私はとりあえず推敲せずに、文章を書きなぐっていこうと思います。

 

 

「これは私の話だ」

これがみりおんシシィを見ながら思ったことです。

私には結婚も出産の経験もなく、あんなイケメンの旦那も鬼のような姑もいないのですが、なぜかそう強く感じました。

そもそもプリンセスじゃないし(笑

でも私はみりおんシシィに共感し、涙しました。

なぜか?彼女が必死に生きていたからです、一人の女性として。

 

みりおんのシシィは、エゴイストなシシィではなく、決して強いシシィではないと

思います。

フランツと結婚したのは、彼をちゃんと好きになって、彼と一緒なら

宮廷でも大丈夫、彼が守ってくれると思っていたんですね。そこは、若さゆえの

選択ミスであり、トート閣下のいう「お前の過ち」なんですね。でも私は彼女を責められない。

なぜならフランツへの愛が分かりやすすぎるほどに、分かるからです。

初めて会ったお見合いのシーン、とまどいながらもフランツに惹かれているのが

表情からわかります。結婚式のシーンでも、シシィはフランツに甘えています。

そのシーンのシシィは本当に可愛い恋する少女でした。声色から表情から、「可愛い」

としか表現できません。

でもシシィにとって、フランツは自分を守ってくれる存在ではなかったんですね。

初夜の後、彼女はフランツに助けを請いますが、逆に諭されてしまいます。

その時のシシィの表情が、とても悲しいんです。本当にショックを受けています。

どうしてか?フランツを愛していたから。自分を守ってくれると信じていたから。

その後も彼女は、フランツに失望していきます。フランツが彼女を守ってくれないと

思ってしまうから。

私は、フランツはオーストリア皇帝として「正しい」行動を取っていると思います。

でもシシィには理解ができない、だからこそ彼が自分を守ってくれないと思う。

私がシシィに共感したのは、この後の「私だけに」の時です。

彼女はこの時に、フランツに甘えていた少女から、自己を確立した女性に変わるんです。

誰かに頼っていた自分を捨て、自分の人生に自分で向き合う決心をする、だからこそ

絶唱するのではなく、高らかにうたう、前向きに生きていこうと決心したシーンだから。

このあたりから、私はみりおんシシィにずっと「頑張れ、頑張れ・・・。」と

思いながら見ていました。彼女に自分を重ねながら。

フランツに裏切られ心を閉ざし、息子ルドルフを失い、放浪をつづけていくあたりも

ずっと・・・。

そして2幕途中からは、みりおんシシィが痛ましくて、痛ましくて涙が止まらなかったです。

みりおんシシィは必死に生きているんですね。フランツのことも、ルドルフのことも

ちゃんと愛していた。愛していたからこそフランツを許せず、ルドルフの「パパを

説得して」という願いもかなえられなかった。心を閉ざした相手であるフランツに

頼るなんてことはできないから。そして訪れるルドルフの死。

誰にも頼らず自身の美貌を持って闘い、「死にたい」という自分の奥深くにある欲望にも負けず、

必死に自分の人生を勝ち取ってきたはずなのに、

その人生に訪れたのは「孤独」「むなしさ」「悲しさ」。

どうして?なぜ?彼女は必死に生きてきただけなのに・・・。

 

そして最後の昇天のシーン。私はみりおんシシィのこの時の表情を見て、また泣きました。

昇天しながらあの世を見るみりおんシシィは何かにおびえていて、でもトートの存在に

ほっと安堵の表情を浮かべていました。その時に「シシィ、良かったね」と心から

思わずにはいられませんでした。

 

でもどうして私はこんなにも、シシィに自分を重ねながら共感し、涙したのでしょうか。

それはみりおんシシィが、必死に生きていたからです。決してエゴイストな女性ではなく

一人の女性として。

愛しているのにすれ違ってしまう、愛しているからこそ許せない。

理想と現実のギャップに悩みながら、闘う。

でもその後に残ったのは、「孤独」。

 

みりおんシシィは、ある時の私でもあります。

本当に大切だった友達を、タイミングや境遇からすれ違ってしまったこと、

社会人になって知った理不尽さやそれに立ち向かうこと、でも勝ったからといって

それが全てではないと知ったこと。

みりおんシシィが闘いの中で、自分が何と闘っているのか分からなくなっていく様子は、

もしかしたら未来の私かもしれません。

 

みりおんが新しいエリザベート像を作ったのは、間違いないと思います。

歌はもう言わずもがなですが、まさかこういうエリザベートを作ってくるとは・・。

心から彼女に称賛の拍手を送りたいと思います。

 

 

 

 

 

 

まぁ様トートは怖かった・・・

では、それぞれのキャストの感想をつづっていきます。

まぁ様トートは、怖かったです・・・・。

何が怖いって、ルドルフが死のうが、市民達が怒っていようが、表情が変わらないん

です。そう、トートにとっては誰の命を奪おうが、どうでもいいんですね。

その冷酷さが、まず怖かったです・・・。

で、さらに怖かったのは、いつの間にかトートがそこにいる、ということです。

気付いたら「トートがいた!」って感じで、いつ登場したのか気付かなかったことが

多かったです。見終わった後にいろいろ考えていたんですが、それってまぁ様トートが

無駄な動きがないから、気付かないんですね。かつらも黒っぽいし。

トートは「死」をもたらす黄泉の帝王だから、人の近くにいる、

でもそれとなくで・・・。異様なのに、いつのまにかそこに

いる、それが本当にぞっとしました。

 

じゃあまぁ様トートが、感情がないかというと、それは違うと思います。

まぁ様トートは、結構、怒っているから。で、何に怒っているかというと、

エリザベートが自分の思うままにならないことなんですね。彼女が手に入りそうで

入らない。そのことに、すっごい苛立ってました。意味が分からないふうで。

でまぁ様って、手足がすんごい長いじゃないですか。怒ってる時もその手足がいかんなく

発揮されているので、怖いんですよ。迫力があって。

 

でも相反するんですが、その怒りがエリザベートへの愛ゆえにだと分かるので、

途中からはだんだん慣れてきました。トートが感情を動かされるのはエリザベートだけ。

彼女の愛が得られないから驚く、怒る、嘆く。

エリザベートを深く愛している(というか執着?)のが、まぁ様トートからは感じられました。

というか分かりやすかったですね、愛が。

 

で、不思議なんですが、まぁ様トートは官能的でもありました。吐息まじりな所が

多くなかったですか?!医師に扮してエリザベートに接する時の、あのブラウスの

リボンの外し方、やらしくないですか?!所々で手の動きが綺麗なので、余計に

官能的で・・・。ファンへのサービスか?!なんて、最初は冗談まじりに思いましたが(笑

でちゃんと考えて、ピンをきたんですね。本能的に「死」を求めてしまうエリザベート

とって「死」をもたらすトートは、甘い誘惑なのだと。だからトートは官能的なんだと。

本当に死にたいとは思っていないけれど、死ねば楽になれる。

そんな時に死をもたらしてくれる存在って、ご褒美でしかないですよね。

甘い甘い誘惑・・・。よくみりおんエリザベートは耐えられますよね(笑

 

きっとこのまぁ様トートも、賛否両論あると思うんですが、私は好きです。

死をもたらす黄泉の帝王っていうと、わけわからん存在だと正直思います。

なおかつその黄泉の帝王が人を愛したなんて、さらに訳が分からない。

この点はやっぱり矛盾しているなーと、私は思ってしまいます。

(トートを黄泉の帝王ではなく抽象的な「死」を擬人化しているウィーン版の方が、

すとんと納得しやすいので、私にとっては。)

でもまぁ様トートは分かりやすい。

エリザベートを本当に愛していて(執着していて)、それ以外はどうでもいい。

そこはやっぱり黄泉の帝王だから、とても冷酷。人間らしさのかけらもない。

彼女が手に入らないから憤る。その怒りは非常に恐ろしい。やっぱり黄泉の帝王だから。

でもエリザベートにとっては死を与えてくれるトートの存在は甘い誘惑だから、

同時に官能的でもある。

黄泉の帝王トートとは一体?ということを、まぁ様は分かりやすく表現していると

思います。これが、研ぎ澄まされたトートと評されていた所以なのではないでしょうか。

 

まぁ様トートは怖かったですが、フィナーレはやっぱりちゃらかったです。

なんですか、あの腰!違う意味で見ていて、死にました(笑

 

 

 

 

 

 

 

 

宙組エリザベートを見てきた

やっと、やっと宙組エリザベート見てきました!

いやー、とてもじゃないですが、一回では語りきれない!

文章が絶対長くなる!ということで、まずは新聞風に全体の感想を

まとめてみます。それぞれのキャストの感想はおいおい。

 

※主観です、宙組贔屓なので絶対贔屓目です

 

「原点回帰のエリザベート 宙組の底力で好演」

 

日本初上演から20周年を迎える「エリザベート」。

その節目となる今年、宙組が新たな「エリザベート」を見せている。

新たなといったが、それは奇抜な演出がなされているわけではない。

黄泉の帝王とはどんな存在か?エリザベートはどういった女性だったのか?

「死」が人を愛するとは?

そういったむしろ「エリザベート」という公演の原点を新たに見つめなおす

原点回帰の新しさだ。

朝夏演じるトートは、「死」を人にもたらす黄泉の帝王。

黄泉の帝王とは何者なのか?黄泉の帝王は人の命を奪う。だからこそ

暴力性を持ち、恐ろしい。だがその一方で、「死」は甘美な誘惑でもある。

そういった恐ろしさ、暴力性、妖しさ、官能性を朝夏は演じている。

朝夏のトートは非常に冷酷だ。無駄な動きがなく、いつのまにかそこに存在する。

だがエリザベートと関わる時は違う。感情を露わにし、

彼女が自分の思うままにならないと分かると激怒する。

エリザベートだけが特別なのだ。冷酷な黄泉の帝王が愛した女性だから。

今まで様々なトート像があったが、それらとは少し異なる新たなトート像を

朝夏は打ち出している。

手足の長さもあいまって、非常にスケールの大きなトートだ。

 

そして実咲演じるエリザベート。エゴイストに演じられがちな役だが、実咲は違う。

フランツを愛し信頼していた純粋な少女が、彼に裏切られ傷ついていく。

そしてその傷つきから自己を確立し大人の女性へと成長する。本能的には「死」を

求めトートを求めているが、必死に己の欲望と闘い、必死に生きようとする。

実咲のエリザベートは決して強い女性ではなく、脆い。だからこそ自己を確立し、

必死に生きようとするエリザベートに共感できる。実咲もまた新たなエリザベート像を

見せている。

特に「私だけに」の圧倒的な歌唱力と、その美貌はさすがの一言だ。

 

そしてトートとエリザベート以外の人物もまた宙組の組子が好演している。

エリザベートを愛しながらも、すれ違ってしまう哀れな皇帝フランツを、

真風が爽やかに演じている。ストーリーテラーであり狂人でもあるルキーニを

愛月が狂気を内に秘めながらお洒落に、厳しい姑ゾフィーを純矢がその歌唱力で説得力

を持たせている。役替わりのルドルフを演じた桜木の熱演も見逃せない。

 さらにはヴィンディッシュ嬢を芸達者な男役星吹が、リヒテンシュタインを彩花が、

というように書き出せばきりがない。主役以外の組子達も皆、その歌唱力、演技力が

光っている。

 

コーラスの宙も健在だ。プロローグの「我ら息絶えし者ども」や「ミルク」は

その迫力に驚かされる。まさしく宙組の底力だろう。

 

欲をいえば、より熱さが欲しい。非常に好演しているがゆえに、小さくまとまっている

ように感じてしまう。だが朝夏率いる宙組の舞台が、さらに深く熱さをもつ舞台に

変化していくのはこれまでの公演で証明済みだ。

チケットが非常に入りにくい公演だが、ぜひその目で新たな「エリザベート」を

目撃してほしい。

 

 

 

こんな感じかな。しっかし新聞風に(分かりやすく端的に)語ったのに、長い!(笑

それだけ感動したということですね。

あー、早くもう一回、見たい・・・・。

 

「ヅカねこ」を読んで泣いた話

皆さん、「ヅカねこ」ってご存知ですか?

webコミックサイトFEEL FREEで連載されている、ちっぴ先生の漫画です。

登場するのは全てねこ。ねこヅカ歌劇団や、ねこジェンヌ、ファンのねこ達・・・。

タイトルの通り、宝塚とねこを組み合わせた漫画です。

 

宝塚もねこも大好きな私としては、買わずにはいられませんでした(笑

宙組ファンとしても嬉しいのは、まぁ様をモデルとした「みゃあ様」や

かいちゃんをモデルとしたアザラシが登場する所です。

そして宝塚が好きな人ならば「あるある」と共感できることが、あまり誇張なしに

語られています。

例えば、お茶会でジェンヌさんが近くにいて、近いのに直接見れなかったり、

ご贔屓を見すぎて一回ではお話が理解できていなかったり、ジェンヌを「天使」と

呼んだり・・・・。

読みながら何度「あー、分かる・・・」と思ったことか!

 

そして実は私、「ヅカねこ」を読んで少しだけ泣きました。いや、泣くような漫画では

ないんですよ。とってもほのぼのしている漫画なんです。むしろクスっと笑える可愛い

漫画です。

じゃあなぜ泣いたか?というと、みちこさんと風にゃんのエピソード、そして

まさきさんのエピソードがあったからです。

みちこさんと風にゃんは、星組のみちこさんと風ちゃんのことですし、まさきさんは

月組の真咲さんをモデルとしたねこジェンヌさんです。

既に退団発表をされていますし、真咲さんに至っては退団公演中ですよね。

漫画ではとてもほのぼのしているんですが、改めて皆さんが宝塚を卒業されるんだな、

と思うと、寂しくて寂しくて・・・・。

やっぱり私は宝塚が好きなんだな、と実感しました。

 

私が購入した時は特典としてポストカードが付いていました。

勿論宙組ファンとして、みゃあ様トートとあざらしさんのポストカードにしましたよ!

(私が購入した書店では、数種類あるポストカードがどれか分かるようになっていました)

宝塚ファンとしては、やはりちっぴ先生にあててお手紙をしたためるべきでしょうか?(笑

 

 

 

 

 

批評家ではなく称賛者でありたい

いやー、7月になりましたね。今日は本当に暑くて、7月だなーと感じられる日でした。

そして色々発表されましたね。次期星組トップコンビの発表、宙組次回公演の演目。

しれっと来年の公演予定などなど。今日からは星組バウ公演ですね!

みちふう萌えがあったとか?

見たかったなー、チケットが取れればな・・・・。

 

そして発表に伴って、色んな思いがファンの中に生まれましたね。

喜び、憤り、あきらめ、批判などなど・・・。

中にはそんなこと言って大丈夫?と思ってしまう内容もあったりしました。

 

色んなことを思って色んなことを発言するのは、当たり前の権利ですし、

当然のことです。

ですが私はやっぱり、「タカラジェンヌに関しては批判するよりも称賛したいなー」

という思いを新たにしました。

なぜでしょうか。理由は2つです。

それは「綺麗な世界は綺麗な思いで見たいから」ですし「批判はタカラジェンヌ自身が

一番分かっていると思うから」です。

 

私にとって宝塚は虚構の世界で、キラキラして、とっても綺麗な世界です。

どろどろした感情もいっぱいうごめく世界だとは思うんですが、

最後のパレードを見れば、トップスターを見れば、やっぱりキレイだと思うんです。

実際にはいない男性を演じ、女性を演じる。そこには現実味はなく、ただただキレイで

華やかで・・・・。

すっごく痛いんですが、疲れている時に宝塚を見ると、そのキラキラした世界に

涙することもあります。こんなにもキレイな世界があるんだなーと。

だからそのキレイな世界を自分のもやもやした思いで、自分の言葉で変えたくないなと

思うんです。

いつでもそれができるわけではないですが、なるべくそうありたいと私は

思っています。

 

「批判はタカラジェンヌ自身が一番分かっていると思う」、こう思うのは

自分が以前、「会」いわゆる生徒自身のファンクラブにはいっていたことが

あるからです。

自分が応援している生徒ではなく、違う生徒が良い役についたりトップになった時、「なんで?!」と思う気持ちはよく分かります。

納得できるほど歌かダンスか芝居が上手ければいいんですが、そうでもないことも

(そう思ってしまうことも)ありますし、ファンには良く分からない人事もあります

よね・・・・。

でもそういうファンの思い、タカラジェンヌ自身が一番分かっていると思うんです。

私が応援していた生徒は、実は批判される側の生徒でした。新人公演に抜擢され続けて

いたんですが、どうもこうも歌も芝居も下手で・・・・。応援していた生徒

よりも、歌も芝居も上手い生徒がいたんです、同じ組に。

だからよく言われていました。

「なんで○○じゃなくて、△△が・・・・。○○の方が良いのに!」と。

でも応援していた生徒、お茶会で泣いたんですよね。

他にも、出待ち入り待ちで人数が少ないとちょっと寂しそうで、

イベントとかで人数が多いと、笑っちゃうほど嬉しそうなんですよ。

お稽古入りの時にも、新人公演の不安がぽろっと出たり・・・。

 

なのでタカラジェンヌが批判されていると、その時のことをよく思い出します。

だから私はタカラジェンヌを批判することに抵抗があるんです。

「気持ちはよくわかる!でもなー・・。」って思います。

 

ですので私は宝塚に関しては「○組の何某さん、かっこいい!!」「娘役さん、

可愛い・・・。マジ天使!!」「ぎゃー、今度の公演、チケット何枚買おう!」

っていう本当にプラスのことだけ発言していたいなーと思います。

 

というわけで、次回の宙組公演、とりあえず2本立てて幸せです!!

 

 

 

 

エリザベートというひと

次回の宙組公演は「エリザベート-愛と死の輪舞-」、宝塚ファンでなくとも

ミュージカルが好きな人なら知っている大作です。私も舞台や映像で何度も見ました。

それこそウィーン版も東宝版も宝塚版も。

そしてタイトルロールでもあるエリザベート。オーストリア皇后にして、息子は自殺、

彼女自身も暗殺されるという悲劇的な女性です。

作品として好きかと聞かれれば、素直にはいとは言えない、それが私にとっての

エリザベート-愛と死の輪舞-」です。

どうしてでしょうか。それは私自身がエリザベートに対して、共感してしまう

不安な作品だからです。

 

エリザベートは一体どんな女性なのでしょうか。

私はこの作品内でのエリザベート、シシィは純粋で頑固、脆くも強い、そして

何より自由を愛してしまったという不幸な女性だと考えています。

彼女自身が幸せになるには、吟遊詩人にでもなるしかなかったのでは?と思うのです。

不幸になってしまったのは、彼女がオーストリア皇后になってしまったことですよね。

いや身分的にフランツの求婚を断ることはできなかったはずですが。

自由を愛する少女が窮屈な宮廷に入ってしまった、そこで自分の美貌を武器に

その窮屈な宮廷と闘い勝利するも、彼女は自分自身が皇后であること、何より母であり

妻であることからは逃げられません。

彼女が伝統・格式を重んじる宮廷と闘うところには強さを感じますが、それは闘わなければ生きられなかったはずです。そんなところに私は脆さを感じます。

そして自分を守ってくれない人物だとフランツを決めてしまう所は、本当に頑固だな、と。その頑固さで息子ルドルフの願いも拒否し、息子を失ってしまう。

どうして?と最初は戸惑いました。息子のためなら少しは自分の信念を曲げても

いいのでは、「だから息子が死ぬんだよ!」と憤りさえ感じたほどです。

でも、と後でふと思ったんです。それはしたくてもできなかったのかな、と。

一度でもフランツに頼れば、その時点で負けだと考えてしまったのかもれません。

大人になればそんな単純なものではないし、負けても結果的には勝利する、という事が

多々ありますよね。でも頑固で純粋な彼女には、そんな考えができなかったのかもしれ

ません。

 

そして、現れるトート(死)。死んでしまえば楽になれる、この世から消えてしまいたい、自由になりたい、そんな心の奥の願望が、トートを引き寄せてしまいます。

死ねば自由になれる、その彼女自身の願望にさえ、彼女は闘わなければいけません。

闘うものが多すぎますよね、本当に。生きづらい生き方だと思います。

 

このエリザベートに心から共感できるといえば、嘘になります。

彼女は他の角度から見れば、本当に身勝手だからです。皇后としての務めを放棄し、

ヨーロッパ中を放浪し、深く愛してくれる夫を拒絶する。(夫が浮気をした、という

面は許せるものではありませんが・・・)

 

でも・・・、と思ってしまいます。それは私自身の中にも、エリザベートの要素が

あるからです。私も自由が好きです。団体行動が嫌いで、伝統とか先輩を敬えという

縦組織も好きではありません。生きていると色々面倒なことも起きますし、面倒だな、

もう死んだ方が楽だな・・と思うこともあります。(自殺願望がある訳では

ありません。究極に面倒くさがりなだけです。)

 

だから、私は彼女に共感を覚えますが、それは同時に不安な感情でもあります。

ある意味身勝手な彼女に、共感してしまうのか!と思うからです。

それで良いのかなぁ・・・、とぼんやりしてしまいます。でもなぁ・・・、と

観劇した後は色々考えてしまいます。

なので、「エリザベート、大好きです!」とは言えないのです。この作品を好きだと

認めることは何かを認めてしまうような気がして・・・。そしてそれは危ない気が

するのです。

 

きっと今回の宙組公演でも、観劇後に色々考えてしまうと思います。

その時、私はいったいどんな感想を持つのでしょうね。

不思議な作品です、本当に。

なんで宙組が好きなんだろう?

私、宙組が好きです。

宝塚が好き、と言いながら見に行っているのは宙組ばっかりです笑

で、なんで宙組が好きなのか、考えてみました。

 

①初めて見たのが宙組だから

 

初めて宝塚を見たのが、宙組なんです。だから好きなのかも、いわゆる刷り込みって

やつですかね。初めて見た時の感動が、忘れられなくて、宙組が好きなのかもしれません。

 

②コーラスの宙だから

私はもともとミュージカルが好きなんです。で、根っからのヅカヲタという訳では

ありません。なんで、宝塚お決まりの演出だとか、衣装だとか、戸惑うことも

多かったです。最初は、男役さんがウィンクをする、いわゆるファンサービスにも

ちょっと引いてました。今では、大好きですが笑

で、宙組は伝統的に「コーラスの宙」とも言われてますよね。コーラスがとっても綺麗、

ソロで歌うと「え・・・」っていう人がいるのも謎な組ですが笑

ミュージカルが好きなので、コーラスの美しさも大好きなんです。で宙組

特にそれが顕著なので、好きなのかも。

 

③背が高い人が多いから

宝塚は背が高い人が多いですが、宙組は特に高い人が多いですよね。

花組にいたころのみりおんは「ちょっと大きいな・・」って思っていたのに、

宙組に来たら「え、小さい?」って驚いたのを覚えています。

要は周りがでかかったんですね笑

私自身は背が低いので、ないものねだりで背が高い人が好きなのかも、

で、宙組が好きなのかもしれません。

 

今年宙組で「エリザベート」をやると決まった時も、嬉しいというよりも

「チケット取れないから、宙組みれないかも・・・」と思ったくらいには

重症です。いや、今はエリザベートをどんな風に作ってくるんだろうと

期待しかないんですが。(なんとかチケット取れたから、思ったことです。

これでチケット取れてなかったら、きっと違うはず笑)

はやくエリザベート見たいですね・・・・。