読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016宙組エリザとは何だったのか?

今年初演から20周年を迎える「エリザベート」。

そのアニバーサリーイヤーに宝塚で上演されたのは、宙組でした。

つい先日千秋楽を迎え、宙組は既に次回公演の稽古に入っています。

ですが私としては、今年宙組で「エリザベート」を上演した意味を考えずには

いられません。

まぁ考えるといっても、特に深い意味は無いと思うのですが笑

 

演目を決めるのは、劇団です。商業として、20周年を迎えるアニバーサリーイヤーに

エリザベート」を上演する。それは前々から決まっていたのかもしれません。

宙組の次回公演を「エリザベート」にしたのか、「エリザベート」の20周年公演に

宙組を選んだのか、どちらなのでしょうか。

宙組ありきなのか、「エリザベート」という演目ありきなのか・・・。

まぁ、どっちでもいいですよね笑

でも、なんとなく、後者なのではないかなぁと思います。

それだけ、宝塚歌劇団にとって「エリザベート」という作品は特別ですもんね。

 

では後者だとして、宙組エリザベートを演じた意味は何だったのか?というと

私は「組として底力を見せたこと、それを知ってもらえたこと」なのではないかと思います。

 

正直な話、ここ最近の宙組は大人気!な組ではないと思います。

組ファンとしては残念ですが。

でも宙組は「良い舞台」を作ってきていました。もちろんそれは他の組でも

当然のことです。

でも大人気な組ではないため、それが他の組よりも知られにくかったのでは?と

思います。「良い舞台、良い組なのになぁ」と歯がゆい思いをしたことがありますし・・。

 

 2016宙組エリザでは、組子全員が今まで培ってきたものを披露していたと思います。

ダンスの得意な組子が黒天使として活躍していましたし、しーちゃんのリヒテンシュタイン

もんちのヴィンディッシュ、ありさちゃんのエトワールなどなど・・・。

そしてなによりコーラス。

本当に適材適所だったと思います。

あれ?という配役はなく、演技、ダンス、歌、その全てを舞台にぶつけてきたと

感じました。でもそれは今回が特別なのではなく、ずーっと培ってきていたもの。

宙組ファンならば、知ってるよ!ということを他の人に知ってもらえたと思います。

 

もしかしたら2016宙組エリザは。「物足りなかった」のかもしれませんし、「お行儀が

良すぎる」かもしれませんし、「私の好きなエリザじゃない」のかもしれません。

でも私は劇場での心からの拍手や、舞台の熱を感じて幕間でざわざわしていたお客さんや、

終演後の「よかったー」と言う声、キャトルでグッズを楽しそうに選んでいた人、

たくさんグッズを買っていた人・・・・。

それらの光景を忘れることができません。

そして何よりも、「この人誰?かっこよかった/綺麗だった」とスチール等を

指さしていた人が何人もいたことが嬉しかったです。

何度教えようかと思ったことか笑

 

どうか素敵な組子ばかりなので、これからもどうぞよろしくお願いいたします!!

立ち位置が不明ですね、相変わらず。すみません笑

 

エーヤン、宙組!!

エリザベート、千秋楽、おめでとうございます!!

本当にお疲れさまでした。

私は残念ながら劇場では見れませんでしたが、映画館でも十分すぎるほどに

楽しみました。

というかびっくりしました。こんなにも深化していたなんて・・・!!

私が最後に見たのは宝塚大劇場でお盆のころなので、あれからもう1カ月以上

経ったんですねぇ。

毎日しつこく感想を検索してたので、宙組エリザがどんどん深まっているというのは

知っていたんですが、ここまでとは・・・。

何度も涙、涙でした。組子の熱演に、そしてこの公演が終わってしまうということが

寂しくて・・・。てんれーさんの卒業も寂しくて・・・・。

 

本当にエーヤン、宙組!!

宙組が好きで良かったです。

 

既に宙エリザロスなので、ブルーレイを見ながら記事を書きました。

でも全然違うんですよね、同じ演目なんでしょうか笑

 

次は全ツ、バウ公演かぁ・・・・。お金が足りないですね笑

 

「桜華に舞え」見てきましたー

みちこさんと風ちゃんの退団公演「桜華に舞え/ロマンス!!」見てきましたー。

退団公演は駄作という法則を乗り越え(?)、とっても素敵な公演でした。

ほら、グ○タフとか、大変でしたよね?宙担の皆さん・・・。

お芝居もショーもとっても素敵!!とっても楽しかったです。

 

「桜華に舞え」。

印象的なのは、みちこさん演じる桐野の笑顔です。

明治維新前後のお話で、お話としては悲しいはずなのですが、なぜか桐野の笑顔

ばっかりが心に残っています。

なぜなのかなー、と思ったのですが、それは桐野がとても優しい人だからなんですよね。

心が広くて温かい。やるせないこと、悲しいこと、それを桐野はちゃんと受け止めて

受け入れる。そして浮かべる笑顔・・・。

「泣こよかひっ飛べ」

 退団公演ということで、私はどうしても湿っぽく受け取ってしまいがちなんですが、

桐野の笑顔が優しさが、それを吹き飛ばしてくれたような気がします。

 

そして風ちゃんの吹優。風ちゃんって本当に「宝塚のヒロイン」を感じさせる娘役

さんですよね。本当に声が好き!!

桐野と吹優はキスシーンがあるわけではないですが、しっかりと

お互いを思いやっているのが感じられて・・・。

それは風ちゃんが、「宝塚のヒロイン」を感じさせてくれる娘役だからだと思います。

凛として気丈で桐野を想う・・・。

何で風ちゃん辞めちゃうのかな(涙

 

さゆみさんの隼太郎。もー、泣かせるんですよね、隼太郎。桐野の親友でありながら、

明治維新後はすれ違ってしまい、敵同士になってしまう・・・。

隼太郎は悪くないんですよ!とかばいたくなるほど、素敵でした。

 

そして最後のシーン。桐野を全員が見送る。

このシーンに鳥肌がたって・・・・。みちこさんを星組が見送るんですよねぇ。

本当に温かいし、こういう所が宝塚の好きな所だなぁと。

うぅ、どうして退団公演ってあるんでしょうねぇ・・・。

寂しいなぁ・・・。

 

 

みりおん、ありがとう。

エリザベート宝塚大劇場千秋楽、おめでとうございます!!

そして、てんれーさん、綺麗でしたねぇ。

 

ということを思っていた時に、入ってきたニュース。

「実咲凜音、退団会見のお知らせ」。

 

え・・・・と驚くとともに、あふれ出る涙。

自分でもびっくりするぐらい、泣いていました。

私は、みりおんが退団するならきっとエリザベートだろうと思っていました。

だからそれが回避されたので、みりおんはまぁ様と一緒に辞めるのだとも勝手に

思いこんでいました。

 

でも、みりおんが辞める・・・。寂しい、悲しい、嫌だ・・・。

色んな思いが交錯した今思うのは、「ありがとう」という感謝の思いです。

 

正直、みりおんのことは最初あんまり好きじゃなかったです。

宙組生え抜きのトップ娘役じゃなかったということや、なんとなく空気の読めていなさ

そうなコメント、地味な舞台姿。

でも、みりおんはどんどん綺麗になっていきました、りかさんの隣で。

どんな役でも、トップ娘役とは思えない待遇の時も、舞台初日には必ず役を作りあげて

きました。その根性にプロ意識に、私はみりおんのことが好きになっていきました。

 

そしてりかさんの退団後、まぁ様と組んだみりおんは更に輝きを増して、素敵なトップ娘役になったと思います。

ありがとう、みりおん。宙組のトップ娘役でいてくれて、素敵な舞台を見せてくれて。

あなたが宙組のトップ娘役でいてくれたこと、本当に感謝でしかないです。

りかさんの時もまぁ様の時も、あなたが宙組のトップ娘役として、舞台をより高めていたことは間違いないと思います。

 

今、みりおんは幸せですか?あなたのエリザベートは、本当に素敵でした。

本当に本当にありがとう。あなたが卒業するその日まで、宙組ファンとして応援させて

下さい。本当に大好きです。

 

 

 

 

 

宙組エリザで嬉しかったこと

今回の宙組エリザで一番嬉しかったのは、組子全員がその魅力をいかんなく発揮しているところでした。

ヘレネのゆみちゃんはすっごい可愛いし、ゆいちゃんのマデレーネはさすがの一言だし、

しーちゃんのリヒテンシュタインは綺麗で歌ウマで最高でしたし、ゆうりちゃんの

マダム・ヴォルフはすっごい綺麗でしたし・・・。

と書きだせばきりがないです。

適材適所、そしてどの役も皆必死に演じている、それが本当に嬉しかったです。

最初「エリザは役が少ないしなー」と思っていたんですが、始まってしまえば、

「ここもみたい、ここも見たい。あぁ見逃した・・・」と思うことがしばしば(笑

嬉しかったところは以下の通りです。

 

ヘレネのゆみちゃん、かわいすぎ!私ならヘレネを選ぶ(笑

②せーこちゃんのゾフィー、怖いよ・・・。さすが!

③しーちゃんのリヒテンシュタイン、ちょっときれいすぎない?好き!!

④ありさちゃんのエトワ―ル、泣いた・・。良かったよ・・・。

ゾフィーの取り巻きたち、愛おしいです(笑 

⑥エーアンの歌手、美声でした。やっぱりもえこちゃんかー、

⑦黒天使、すごい・・・。カッコイイ・・

⑧まいあちゃん、ららちゃん、女官かわいいよー

⑨子ルドルフ、まどかちゃん、歌ウマくなってる!もうちょっとゆっくり育ててほしいなぁ

⑩もんちのヴィンディッシュ嬢、上手いなぁ・・

⑪てんれーさんのラウシャー、いい!!辞めないで・・涙

 

まだまだあるんですけど、長いのでこの辺で。20周年を迎えるエリザで、その役の

ほとんどを宙組の組子に任せてもらえたということが嬉しかったです。

 

 

愛ちゃんルキーニは頑張っていた

続いて、愛ちゃんルキーニ。

エリザベート」の公演の中でも、本当に重要な役ですよね。

今までの歴代のルキーニを演じてこられた方も、本当になだたるスターさんばかり。

愛ちゃん自身も公演前の取材では、この役を演じる不安を述べてましたよね。

で、その愛ちゃんルキーニですが、一言でいうと「頑張ってた!」

これに尽きます、良くも悪くも。

 

良い意味では、愛ちゃん自身の課題である「滑舌」「歌」。

これは本当に良くなっていました。TOPHATの時のベディーニの時を思えば、

本当に頑張ったなーと思います。

私、愛ちゃんのこと好きなんですけど、それでもTOPHATの時のソロの歌は、

よく聞き取れなくて・・・。

イタリア人という設定もあったので、余計に聞き取りにくかったとは思いますが・・。

ルキーニはストーリーテラーということもあり、この役でセリフが聞き取りにくい、

ということは本当に致命的。だからこそ、「愛ちゃん、大丈夫か?」という意見も

あったと思います。

でもでも、本当に良かった。多少分かりにくい所はありましたが、ほぼほぼ大丈夫、

歌も良くなっていました。

 

で、悪い意味では、「滑舌も歌も良くなった」、という感想しか出ないところです。

技術面での向上は目覚ましいのですが、じゃあルキーニがどんな輩なのか?という所

までは表現できていなかったような気がします。(あくまで、主観です、すみません)

でも回を重ねるごとに、ナイフを受け取る場面での狂気や、キッチュでのアドリブ、

本当に素敵になっていました。おそらく、東京公演では、さらによくなるはず!

 

で、やっぱり、「イケメン」というのは宝塚において強いですよね。

ルキーニは舞台に出ずっぱりなので、イケメンなルキーニは本当に良く目立ちます。

フィナーレもカッコイイですし!

 

宙組ファンとしては、愛ちゃんにさらに殻を破ってほしいですし、絶対にできる!と

確信した公演でした。

 

誰もが恋するオーストリア皇帝フランツなのに・・・

続いて、真風さんフランツについて。

一言で言うなら「イケメンすぎる!」この一言につきます。

若き日のフランツもですが、歳を取っても、イケメンでした。

もーシシィが恋に落ちるのも納得!私だったら、放浪の旅には出ないし、

扉を閉ざしたりしない!!だから結婚して!って思いました。(笑

 

で、歌ですよ。真風さんフランツがイケメンだろう、ということは皆さん思っていた

はずで、同様に思っていたのが「歌大丈夫なの・・・?」ということでしょう。

真風さんが音痴というわけではなくて、このフランツ役の歌というのが本当に本当に

難しいんですよね・・・・。前公演のフランツ役を歌ウマのみっちゃんさんが演じて

いた、ということも比較されてしまいがちでしょうし・・・。

でも、真風さんは本当にひとつひとつ丁寧に歌っていました。なので最初から最後まで

歌で現実に引き戻されるということはなくて、最後までイケメンな皇帝を演じていました。

むしろその歌を丁寧に歌っているということが、皇帝というロイヤル感や、やさしさに

つながっていて、私にはさらに素敵に思えました。

いつもの真風さんのギラギラ感も抑えめでした(笑

 

何が素敵かっていうと、真風さんフランツは本当にみりおんシシィをずっと愛していた

ということが感じられる所でしたね。窮屈な宮廷で厳しく育てられたフランツにとって、

自由な精神を持つシシィは本当に愛おしい存在だったんだなーと。

お見合いから結婚式のシーンまで、フランツとシシィのカップルはとても可愛かった

です。二人の身長さもあって、本当にお似合いのカップルでした。

だからこそフランツとシシィがすれ違って行くところは、とても悲しかったです。

シシィもフランツも、お互いのことを愛している。でも相入れない。

あまりにも育った環境が違っていて、フランツにはシシィの考えが、シシィにはフランツの

考えが理解できない・・・。そして一回のフランツの裏切りが、決定的な亀裂を作って

しまう・・・。

夜のボートのシーンでは、悲しすぎて涙が止まらなかったですね。

このシーンでも、フランツはシシィを愛しているし、シシィもそのことが分かっているんですよね。

でももう何もかも遅すぎて、二人の人生が交わることはできなくて・・。

このシーンで泣いている人、私の周りでは多かったです。

 

でそんな素敵なフランツ皇帝陛下でしたが、フィナーレではとってもギラギラしてました。

ずるくないですか、本当に!フィナーレ冒頭の歌手だなんて、あんなにイケメンだなんて!!

もー、かっこよかったです・・・。あやうく真風さんにおちるところでした(笑

 

エリザベート」という演目では、フランツは辛抱役と言われているそうですが、

なんのなんの、真風さんフランツが見れて本当に宙組ファンとして幸せでした。

 

今回のフランツとシシィのカップルが、私はとっても萌えたので、改めてこのカップル

についても語っていきたいと思います。