読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あのころワンオクと②

 メンバーの逮捕。それはドラマが始まるほんの少し前のことで、当たり前だが

ドラマ主題歌の話はなくなり、バンドも活動停止になった。

「なんでこのタイミングで・・・・」と思ったし、私はこのままこのバンドはここで

終わるのかもしれないと思った。

 でもワンオクはここで終わらなかった。というよりここから始まったのかもしれない。

逮捕されたメンバーは脱退し、バンドはメンバー4人で継続することが発表された。

そして活動再開後のシングル「完全感覚Dreamer」。

この曲が売れた、今までの中で一番。初めて視聴したとき、今までとは少し違う曲調、

でも今までと何も変わらない熱さがあった。

そしてそれからは、モンバスロキノンサマソニといった大規模のフェスに参加し、

以前よりも活動の場を増やしていった。

そして初の武道館。夢のようだった。楽しくて嬉しくて、感動して・・・・。

親の七光りバンドと言われててバカにされてたバンドが、武道館。

嬉しくて嬉しくてたまらなかった。

 

 そしてそれからも更にライブハウスの規模は大きくなっていった。

横浜スタジアムだとか城ホールだとか。

何万人もの規模の会場を埋められるバンドになっていった。

でも私はだんだんと彼らのライブに行かなくなった。

それは彼らが変わったのではない。私が変わってしまったのだった。

高校生だった私も大学を卒業し、社会人になった。

彼らの発するメッセージ「夢は叶う。なぜなら俺たちがそうだったから、そしてそれは

おまえらもできる、だから頑張れ」というものは、だんだんとしんどくなっていった。

夢というよりも現実社会で疲弊し、私は必死にその環境に慣れようと必死だった。

ずっと心の支えだった彼らの曲が青臭く思われ、そして夢を追いかけなくなった私には

そのメッセージは辛かった。

ワンオクは好きだがライブはもういいかな、と思うようになり、彼らのCDも買わない

ようになっていった。

で、ワンオクが「るろうに剣心」の映画主題歌をするということで、映画館に行き、

エンドロールでワンオクの曲が流れるのに感動しながら思ったのだ。

「ワンオクからは卒業かな?」と。

そして実際、それをきっかけに私はワンオクの活動を追うのを辞めた。

 

それからの彼らの活動は、分からない。ときどきテレビCMで彼らの曲が流れていたり

海外でライブをやるという情報が目に入ったりしたが、それはきっと他の人の方が

詳しいと思う。

 そしてこの前みたNHKでのワンオク。

彼らはなんにも変わっていなかった。相変わらず熱いメッセージを放っていたし、

ライブ前の円陣のかけ方も、Takaのハイトーンボイスも変わっていなかった。

Toru兄さんは眠そうだったし、Tomoyaはへらへらしていたし、Ryotaは楽しそうに

ベースを弾いていた。

 きっとこれからも、もう一度彼らのライブに行くことはないだろうけど、

ずっと言い続けるのだと思う。

「好きなバンドは、ワンオクです。」と。

 

 

 

あのころワンオクと①

宝塚と全然関係ないんですが、このまえNHKでワンオクを久々に見たので、

ちょっと彼らについて語っていきたいと思います。

 

ワンオク。ONE OK ROCK。これでワンオクロックと読む。

4人組のバンド。

名前は聞いたことがなくても、実写版映画「るろうに剣心」の主題歌を

歌っていたといえば、分かるかもしれない。

あるいはあんまり言いたくないけど、森進一の長男がボーカルをやっている

バンドといえばピンと来るかもしれない。

彼らは日本国内にとどまらず、海外でもライブをやっているらしい。

「らしい」というのは、私は今の彼らの活躍をよく知らないからだ。

でも好きなバンドは?と聞かれれば、間違いなく彼らの名前を挙げるし、

今でも彼らの曲は大好きだ。

私は本当に彼らのファンだった。

そんな私とワンオクの話について語りたい。

 

初めて彼らの曲を聴いたのは、私が高校1年生の時。ラジオで彼らのデビュー曲

「内秘心書」を聞いたのが出会いだった。

当時彼らはメジャーデビューを果たしたばかりの頃で、その曲はなぜか私の心に

響いた。何かかが引っかかったのだ。

そしてすぐに近くのタワレコに行って、「内秘心書」を買った。夢中だった。

なぜか普通のシングルCDより安くて、ぺらっぺらの歌詞カードだった。

その次に、すぐパソコンでワンオクロックというバンドについて調べた。

その時に初めて、ボーカルが森進一の息子だということや、元ジャニーズだということ

、そして自分と同年代だと知った。

その時、森進一の息子だとか元ジャニーズだとかいうことよりも、

「自分と同年代なんだ、すごい!!」と思ったことをよく覚えている。

今思えば、17や18歳という年齢でメジャーデビューすることは、そんなに凄いことでは

なかったのかもしれない。

でも当時の私にはとても衝撃的だった。

 

で、地元のライブハウスでライブをやるということで、初めてライブハウスに行ってみた。

その時は何千人も入る大きなライブハウスではなく、100人程度、しかも対バン形式

だった。

初めて行ったライブハウス、ドリンク代が500円いるとか、スニーカーで行く方が

いいとか色々調べて、ドキドキしながら一人で行った。

初めてのライブの感想は「楽しかった!!」の一言に尽きる。

演奏はお世辞にも上手いとは思えなかったし、ライブハウス独特の文化だとか、生音

だとか、びっくりすることは多かったのに、それよりも「楽しかった!!」という

記憶しかない。

 ただ、このときにほかのバンドとファンがちょっと違う?ということは感じた。

ほかのバンドよりも女性ファンが多かったし、ピンヒールに巻き髪、明らかに

ほかのバンドとファンが違ったのだ。その時初めて、「元ジャニーズがいると

こうなるのかなぁと」思ったものだった。

 

それからはずっと、ワンオクのライブに行き続けた。ワンオクはずっとライブをやり

続けたし、曲も出し続けた。その度にライブに行き、初回限定版のCDをフラゲし、

初めて彼らが雑誌の表紙を飾ったときは、嬉しくて仕方がなかった。

私にとってワンオクは、大好きなバンドであり、同年代の彼らが少しずつ売れていく

のが本当に嬉しかった。そして少しずつライブハウスの規模も大きくなって、

男性ファンも増え、少しずつ、でも順調に進んでいたと思う。

 で、初めてドラマの主題歌を歌うことになった。

本当に本当に嬉しかった。同じ事務所の俳優が主演のドラマで、そのつながりで

主題歌になったのは明らかだったけど、それでももっとたくさんの人がワンオクの曲を

聞くのだと思うと、本当に嬉しかった。

でもその喜びは長く続かなかった。ドラマが始まるすこし前の時、あの事件が

起こった。

メンバーの一人が逮捕されたのだった。

 

 

その美しさに涙が出るお芝居「双頭の鷲」

「双頭の鷲」バウホールで見てきましたー。

ということで、感想です。

※ややネタバレありの感想です、悪しからず

 

宝塚版「双頭の鷲」。

演者が、台詞が、演出が、歌が、ストーリーが、その全てが美しい。

その美しさは見るものを圧倒し、暴力的でさえある。

 

ジャンコクトー原作「双頭の鷲」は、エリザベート皇后の暗殺を題材とした物語。

宝塚の人気演目である「エリザベート」と題材を同じとし、同作品で暗殺者ルキーニと

皇后エリザベートを演じた轟、実咲が出演することが話題となった。

そしてその二人の熱演が、本当に美しい。

 

王妃を暗殺しようとするスタニスラス。詩人でもあり、王妃の孤独と自身の孤独に

共通点を見出し彼女を愛すという若き成年。王妃よりも若いという設定にいささか

難はあるものの、激しくも純粋なスタニスラスを熱演している。

 

対する王妃演じる実咲。婚礼当日に王を亡くし孤独の中に生きる王妃は、

気難しくもどこか儚く、周囲の人々を「私こそ彼女を支えたい」という気持ちに

させてしまう。

台詞も多く、なぜスタニスラスに殺されたのか?ということを観客に納得させなければ

ならない難しい役だ。しかし、前公演でエリザベートを演じた今の彼女だからこそ

演じることのできる役だろう。

 

そしてこの二人の組み合わせが、本当に美しい。

お互いの孤独を見つけ惹かれあい、愛し合う二人。その時、二人は歓喜する。

そして踊る。それまでモノクロだった舞台に色がさす。

そのシーンの美しさは、まるで夢のようだ。

現実味が全く無く、私はあまりの美しさに涙が止まらなかった。

 

そしてテーマ曲である「双頭の鷲のように」という曲が美しい。

フィナーレで演者全員で歌うのだが、その曲の美しさ、

なにより素敵な舞台を見せてくれた演者への感謝の思いで、また涙があふれて

とまらなかった。

まだ見ようか迷っているならば、ぜひ見てほしい。

そう薦めたくなるほど、素晴らしい舞台だった。

 

 

こんな感じかなぁ、各々の感想はまたあとで。

はー、幸せな時間でした。

 

2016宙組エリザとは何だったのか?

今年初演から20周年を迎える「エリザベート」。

そのアニバーサリーイヤーに宝塚で上演されたのは、宙組でした。

つい先日千秋楽を迎え、宙組は既に次回公演の稽古に入っています。

ですが私としては、今年宙組で「エリザベート」を上演した意味を考えずには

いられません。

まぁ考えるといっても、特に深い意味は無いと思うのですが笑

 

演目を決めるのは、劇団です。商業として、20周年を迎えるアニバーサリーイヤーに

エリザベート」を上演する。それは前々から決まっていたのかもしれません。

宙組の次回公演を「エリザベート」にしたのか、「エリザベート」の20周年公演に

宙組を選んだのか、どちらなのでしょうか。

宙組ありきなのか、「エリザベート」という演目ありきなのか・・・。

まぁ、どっちでもいいですよね笑

でも、なんとなく、後者なのではないかなぁと思います。

それだけ、宝塚歌劇団にとって「エリザベート」という作品は特別ですもんね。

 

では後者だとして、宙組エリザベートを演じた意味は何だったのか?というと

私は「組として底力を見せたこと、それを知ってもらえたこと」なのではないかと思います。

 

正直な話、ここ最近の宙組は大人気!な組ではないと思います。

組ファンとしては残念ですが。

でも宙組は「良い舞台」を作ってきていました。もちろんそれは他の組でも

当然のことです。

でも大人気な組ではないため、それが他の組よりも知られにくかったのでは?と

思います。「良い舞台、良い組なのになぁ」と歯がゆい思いをしたことがありますし・・。

 

 2016宙組エリザでは、組子全員が今まで培ってきたものを披露していたと思います。

ダンスの得意な組子が黒天使として活躍していましたし、しーちゃんのリヒテンシュタイン

もんちのヴィンディッシュ、ありさちゃんのエトワールなどなど・・・。

そしてなによりコーラス。

本当に適材適所だったと思います。

あれ?という配役はなく、演技、ダンス、歌、その全てを舞台にぶつけてきたと

感じました。でもそれは今回が特別なのではなく、ずーっと培ってきていたもの。

宙組ファンならば、知ってるよ!ということを他の人に知ってもらえたと思います。

 

もしかしたら2016宙組エリザは。「物足りなかった」のかもしれませんし、「お行儀が

良すぎる」かもしれませんし、「私の好きなエリザじゃない」のかもしれません。

でも私は劇場での心からの拍手や、舞台の熱を感じて幕間でざわざわしていたお客さんや、

終演後の「よかったー」と言う声、キャトルでグッズを楽しそうに選んでいた人、

たくさんグッズを買っていた人・・・・。

それらの光景を忘れることができません。

そして何よりも、「この人誰?かっこよかった/綺麗だった」とスチール等を

指さしていた人が何人もいたことが嬉しかったです。

何度教えようかと思ったことか笑

 

どうか素敵な組子ばかりなので、これからもどうぞよろしくお願いいたします!!

立ち位置が不明ですね、相変わらず。すみません笑

 

エーヤン、宙組!!

エリザベート、千秋楽、おめでとうございます!!

本当にお疲れさまでした。

私は残念ながら劇場では見れませんでしたが、映画館でも十分すぎるほどに

楽しみました。

というかびっくりしました。こんなにも深化していたなんて・・・!!

私が最後に見たのは宝塚大劇場でお盆のころなので、あれからもう1カ月以上

経ったんですねぇ。

毎日しつこく感想を検索してたので、宙組エリザがどんどん深まっているというのは

知っていたんですが、ここまでとは・・・。

何度も涙、涙でした。組子の熱演に、そしてこの公演が終わってしまうということが

寂しくて・・・。てんれーさんの卒業も寂しくて・・・・。

 

本当にエーヤン、宙組!!

宙組が好きで良かったです。

 

既に宙エリザロスなので、ブルーレイを見ながら記事を書きました。

でも全然違うんですよね、同じ演目なんでしょうか笑

 

次は全ツ、バウ公演かぁ・・・・。お金が足りないですね笑

 

「桜華に舞え」見てきましたー

みちこさんと風ちゃんの退団公演「桜華に舞え/ロマンス!!」見てきましたー。

退団公演は駄作という法則を乗り越え(?)、とっても素敵な公演でした。

ほら、グ○タフとか、大変でしたよね?宙担の皆さん・・・。

お芝居もショーもとっても素敵!!とっても楽しかったです。

 

「桜華に舞え」。

印象的なのは、みちこさん演じる桐野の笑顔です。

明治維新前後のお話で、お話としては悲しいはずなのですが、なぜか桐野の笑顔

ばっかりが心に残っています。

なぜなのかなー、と思ったのですが、それは桐野がとても優しい人だからなんですよね。

心が広くて温かい。やるせないこと、悲しいこと、それを桐野はちゃんと受け止めて

受け入れる。そして浮かべる笑顔・・・。

「泣こよかひっ飛べ」

 退団公演ということで、私はどうしても湿っぽく受け取ってしまいがちなんですが、

桐野の笑顔が優しさが、それを吹き飛ばしてくれたような気がします。

 

そして風ちゃんの吹優。風ちゃんって本当に「宝塚のヒロイン」を感じさせる娘役

さんですよね。本当に声が好き!!

桐野と吹優はキスシーンがあるわけではないですが、しっかりと

お互いを思いやっているのが感じられて・・・。

それは風ちゃんが、「宝塚のヒロイン」を感じさせてくれる娘役だからだと思います。

凛として気丈で桐野を想う・・・。

何で風ちゃん辞めちゃうのかな(涙

 

さゆみさんの隼太郎。もー、泣かせるんですよね、隼太郎。桐野の親友でありながら、

明治維新後はすれ違ってしまい、敵同士になってしまう・・・。

隼太郎は悪くないんですよ!とかばいたくなるほど、素敵でした。

 

そして最後のシーン。桐野を全員が見送る。

このシーンに鳥肌がたって・・・・。みちこさんを星組が見送るんですよねぇ。

本当に温かいし、こういう所が宝塚の好きな所だなぁと。

うぅ、どうして退団公演ってあるんでしょうねぇ・・・。

寂しいなぁ・・・。

 

 

みりおん、ありがとう。

エリザベート宝塚大劇場千秋楽、おめでとうございます!!

そして、てんれーさん、綺麗でしたねぇ。

 

ということを思っていた時に、入ってきたニュース。

「実咲凜音、退団会見のお知らせ」。

 

え・・・・と驚くとともに、あふれ出る涙。

自分でもびっくりするぐらい、泣いていました。

私は、みりおんが退団するならきっとエリザベートだろうと思っていました。

だからそれが回避されたので、みりおんはまぁ様と一緒に辞めるのだとも勝手に

思いこんでいました。

 

でも、みりおんが辞める・・・。寂しい、悲しい、嫌だ・・・。

色んな思いが交錯した今思うのは、「ありがとう」という感謝の思いです。

 

正直、みりおんのことは最初あんまり好きじゃなかったです。

宙組生え抜きのトップ娘役じゃなかったということや、なんとなく空気の読めていなさ

そうなコメント、地味な舞台姿。

でも、みりおんはどんどん綺麗になっていきました、りかさんの隣で。

どんな役でも、トップ娘役とは思えない待遇の時も、舞台初日には必ず役を作りあげて

きました。その根性にプロ意識に、私はみりおんのことが好きになっていきました。

 

そしてりかさんの退団後、まぁ様と組んだみりおんは更に輝きを増して、素敵なトップ娘役になったと思います。

ありがとう、みりおん。宙組のトップ娘役でいてくれて、素敵な舞台を見せてくれて。

あなたが宙組のトップ娘役でいてくれたこと、本当に感謝でしかないです。

りかさんの時もまぁ様の時も、あなたが宙組のトップ娘役として、舞台をより高めていたことは間違いないと思います。

 

今、みりおんは幸せですか?あなたのエリザベートは、本当に素敵でした。

本当に本当にありがとう。あなたが卒業するその日まで、宙組ファンとして応援させて

下さい。本当に大好きです。