読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「王家に捧ぐ歌」@博多座

「王家に捧ぐ歌」博多座公演、見に行きました。

いやー、すごかった。

見に行くまでは「王家か・・・。」と正直思っていたんですが、

そう思っていた自分を殴りたいくらい、本当に素晴らしかった。

 

(いや、この公演、大劇場で10回くらい見たんですよ。

なんで違う作品が見たかったなーと思ってしまって。

あとHOTEYES!!で宙組のショーの楽しさを知ってしまったので、

「ショーが見たいな・・。」って思ってしまったんですよね。)

 

でもでもでも、すごかった。何がすごいって

びっくりするぐらい、鳥肌が立つんですよ。

で、びっくりするくらい泣けて。最終的には嗚咽してました(笑

なのに、自分が何に感動して何に泣いているのか初見では

分からなかったんですね。

で、帰り道に気付いたんですよ。

 

コーラスに感動してたのか!!

というか今回、組子が半分なんだ!!

マジか!!嘘だ!!大劇場より迫力あったぞ・・。

 

「王家に捧ぐ歌」って、本当に「歌う」場面が多いんですよね。

「そこはセリフで良いんじゃ・・・」って思う所も、歌う。

で、コーラスが主役だなーって思う場面も多いんですよ。

「世界に求む」「ナイルの流れのように」「三度目の銅鑼」とか。

 

で今回の博多座は、コーラスが本当に迫力があった。

シャワーみたいなんですよ、迫力があって。歌を聞くというより

浴びるって感じなんですね。だからそこに圧倒されて・・・。

 

いやー、見に行って良かったです。

キャストの感想については次で。