読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宙組エリザベートを見てきた

やっと、やっと宙組エリザベート見てきました!

いやー、とてもじゃないですが、一回では語りきれない!

文章が絶対長くなる!ということで、まずは新聞風に全体の感想を

まとめてみます。それぞれのキャストの感想はおいおい。

 

※主観です、宙組贔屓なので絶対贔屓目です

 

「原点回帰のエリザベート 宙組の底力で好演」

 

日本初上演から20周年を迎える「エリザベート」。

その節目となる今年、宙組が新たな「エリザベート」を見せている。

新たなといったが、それは奇抜な演出がなされているわけではない。

黄泉の帝王とはどんな存在か?エリザベートはどういった女性だったのか?

「死」が人を愛するとは?

そういったむしろ「エリザベート」という公演の原点を新たに見つめなおす

原点回帰の新しさだ。

朝夏演じるトートは、「死」を人にもたらす黄泉の帝王。

黄泉の帝王とは何者なのか?黄泉の帝王は人の命を奪う。だからこそ

暴力性を持ち、恐ろしい。だがその一方で、「死」は甘美な誘惑でもある。

そういった恐ろしさ、暴力性、妖しさ、官能性を朝夏は演じている。

朝夏のトートは非常に冷酷だ。無駄な動きがなく、いつのまにかそこに存在する。

だがエリザベートと関わる時は違う。感情を露わにし、

彼女が自分の思うままにならないと分かると激怒する。

エリザベートだけが特別なのだ。冷酷な黄泉の帝王が愛した女性だから。

今まで様々なトート像があったが、それらとは少し異なる新たなトート像を

朝夏は打ち出している。

手足の長さもあいまって、非常にスケールの大きなトートだ。

 

そして実咲演じるエリザベート。エゴイストに演じられがちな役だが、実咲は違う。

フランツを愛し信頼していた純粋な少女が、彼に裏切られ傷ついていく。

そしてその傷つきから自己を確立し大人の女性へと成長する。本能的には「死」を

求めトートを求めているが、必死に己の欲望と闘い、必死に生きようとする。

実咲のエリザベートは決して強い女性ではなく、脆い。だからこそ自己を確立し、

必死に生きようとするエリザベートに共感できる。実咲もまた新たなエリザベート像を

見せている。

特に「私だけに」の圧倒的な歌唱力と、その美貌はさすがの一言だ。

 

そしてトートとエリザベート以外の人物もまた宙組の組子が好演している。

エリザベートを愛しながらも、すれ違ってしまう哀れな皇帝フランツを、

真風が爽やかに演じている。ストーリーテラーであり狂人でもあるルキーニを

愛月が狂気を内に秘めながらお洒落に、厳しい姑ゾフィーを純矢がその歌唱力で説得力

を持たせている。役替わりのルドルフを演じた桜木の熱演も見逃せない。

 さらにはヴィンディッシュ嬢を芸達者な男役星吹が、リヒテンシュタインを彩花が、

というように書き出せばきりがない。主役以外の組子達も皆、その歌唱力、演技力が

光っている。

 

コーラスの宙も健在だ。プロローグの「我ら息絶えし者ども」や「ミルク」は

その迫力に驚かされる。まさしく宙組の底力だろう。

 

欲をいえば、より熱さが欲しい。非常に好演しているがゆえに、小さくまとまっている

ように感じてしまう。だが朝夏率いる宙組の舞台が、さらに深く熱さをもつ舞台に

変化していくのはこれまでの公演で証明済みだ。

チケットが非常に入りにくい公演だが、ぜひその目で新たな「エリザベート」を

目撃してほしい。

 

 

 

こんな感じかな。しっかし新聞風に(分かりやすく端的に)語ったのに、長い!(笑

それだけ感動したということですね。

あー、早くもう一回、見たい・・・・。