読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「桜華に舞え」見てきましたー

みちこさんと風ちゃんの退団公演「桜華に舞え/ロマンス!!」見てきましたー。

退団公演は駄作という法則を乗り越え(?)、とっても素敵な公演でした。

ほら、グ○タフとか、大変でしたよね?宙担の皆さん・・・。

お芝居もショーもとっても素敵!!とっても楽しかったです。

 

「桜華に舞え」。

印象的なのは、みちこさん演じる桐野の笑顔です。

明治維新前後のお話で、お話としては悲しいはずなのですが、なぜか桐野の笑顔

ばっかりが心に残っています。

なぜなのかなー、と思ったのですが、それは桐野がとても優しい人だからなんですよね。

心が広くて温かい。やるせないこと、悲しいこと、それを桐野はちゃんと受け止めて

受け入れる。そして浮かべる笑顔・・・。

「泣こよかひっ飛べ」

 退団公演ということで、私はどうしても湿っぽく受け取ってしまいがちなんですが、

桐野の笑顔が優しさが、それを吹き飛ばしてくれたような気がします。

 

そして風ちゃんの吹優。風ちゃんって本当に「宝塚のヒロイン」を感じさせる娘役

さんですよね。本当に声が好き!!

桐野と吹優はキスシーンがあるわけではないですが、しっかりと

お互いを思いやっているのが感じられて・・・。

それは風ちゃんが、「宝塚のヒロイン」を感じさせてくれる娘役だからだと思います。

凛として気丈で桐野を想う・・・。

何で風ちゃん辞めちゃうのかな(涙

 

さゆみさんの隼太郎。もー、泣かせるんですよね、隼太郎。桐野の親友でありながら、

明治維新後はすれ違ってしまい、敵同士になってしまう・・・。

隼太郎は悪くないんですよ!とかばいたくなるほど、素敵でした。

 

そして最後のシーン。桐野を全員が見送る。

このシーンに鳥肌がたって・・・・。みちこさんを星組が見送るんですよねぇ。

本当に温かいし、こういう所が宝塚の好きな所だなぁと。

うぅ、どうして退団公演ってあるんでしょうねぇ・・・。

寂しいなぁ・・・。