読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016宙組エリザとは何だったのか?

今年初演から20周年を迎える「エリザベート」。

そのアニバーサリーイヤーに宝塚で上演されたのは、宙組でした。

つい先日千秋楽を迎え、宙組は既に次回公演の稽古に入っています。

ですが私としては、今年宙組で「エリザベート」を上演した意味を考えずには

いられません。

まぁ考えるといっても、特に深い意味は無いと思うのですが笑

 

演目を決めるのは、劇団です。商業として、20周年を迎えるアニバーサリーイヤーに

エリザベート」を上演する。それは前々から決まっていたのかもしれません。

宙組の次回公演を「エリザベート」にしたのか、「エリザベート」の20周年公演に

宙組を選んだのか、どちらなのでしょうか。

宙組ありきなのか、「エリザベート」という演目ありきなのか・・・。

まぁ、どっちでもいいですよね笑

でも、なんとなく、後者なのではないかなぁと思います。

それだけ、宝塚歌劇団にとって「エリザベート」という作品は特別ですもんね。

 

では後者だとして、宙組エリザベートを演じた意味は何だったのか?というと

私は「組として底力を見せたこと、それを知ってもらえたこと」なのではないかと思います。

 

正直な話、ここ最近の宙組は大人気!な組ではないと思います。

組ファンとしては残念ですが。

でも宙組は「良い舞台」を作ってきていました。もちろんそれは他の組でも

当然のことです。

でも大人気な組ではないため、それが他の組よりも知られにくかったのでは?と

思います。「良い舞台、良い組なのになぁ」と歯がゆい思いをしたことがありますし・・。

 

 2016宙組エリザでは、組子全員が今まで培ってきたものを披露していたと思います。

ダンスの得意な組子が黒天使として活躍していましたし、しーちゃんのリヒテンシュタイン

もんちのヴィンディッシュ、ありさちゃんのエトワールなどなど・・・。

そしてなによりコーラス。

本当に適材適所だったと思います。

あれ?という配役はなく、演技、ダンス、歌、その全てを舞台にぶつけてきたと

感じました。でもそれは今回が特別なのではなく、ずーっと培ってきていたもの。

宙組ファンならば、知ってるよ!ということを他の人に知ってもらえたと思います。

 

もしかしたら2016宙組エリザは。「物足りなかった」のかもしれませんし、「お行儀が

良すぎる」かもしれませんし、「私の好きなエリザじゃない」のかもしれません。

でも私は劇場での心からの拍手や、舞台の熱を感じて幕間でざわざわしていたお客さんや、

終演後の「よかったー」と言う声、キャトルでグッズを楽しそうに選んでいた人、

たくさんグッズを買っていた人・・・・。

それらの光景を忘れることができません。

そして何よりも、「この人誰?かっこよかった/綺麗だった」とスチール等を

指さしていた人が何人もいたことが嬉しかったです。

何度教えようかと思ったことか笑

 

どうか素敵な組子ばかりなので、これからもどうぞよろしくお願いいたします!!

立ち位置が不明ですね、相変わらず。すみません笑