読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まぁ様の舞台が好きです

 宙組トップスターこと朝夏まなとさんの退団が発表されました。

このニュースを知ったのは、宙組千秋楽について書きたいなぁ、なんてのんきに

過ごしていた時のことでした。

 

 このニュースを知った時思ったのは、「あぁやっぱり」という思いと

「まだまだまぁ様率いる宙組の舞台がみたい・・・、嫌だ・・・」という

思いでした。改めて自分がまぁ様のいる舞台が好きなのだと痛感させられました。

 

「あぁやっぱり」と感じたのは、千秋楽のまぁ様がとっても輝いていて、何かを

噛みしめるかのように見えたからでした。みりおんのサヨナラ公演だからなのだ、と

自分を納得させていたのですが、もしかしたら・・・、と思っていたのです。

前のご贔屓が退団する前の雰囲気に似ていて・・・。

 

 私はまぁ様率いる宙組の舞台が大好きです。なによりまぁ様率いる宙組の舞台の

出来をなによりも信頼しています。たとえどんな酷い脚本だろうと、まぁ様がいる舞台

なら、絶対に面白いと確信しています。だから、みりおんの退団後にトップ娘役を

置かないという発表があった後も、宙組がどうなるのだろうという不安は全くありませんでした。だって、まぁ様がいるなら絶対その舞台は面白いから。

 

 実は最初は不安でたまりませんでした。プレお披露目の「TOPHAT」。

あのダンスの神様フレッドアステアの有名な作品です。タップです、タップ。

まぁ様がショースターとはいえ、あのタップをものにできるのか?という不安が

ありました。曲も有名なものばかりで、「これちゃんと歌えないときついなぁ」と。

 でも、幕があがればそこには日本版のフレッドアステアがいました。もちろん

タップ自体はフレッドアステアには並ぶというものではありませんでしたが。

(まぁ様が、というよりもフレッドアステアが凄すぎるのです)身のこなし、

まぁ様がかなり努力をして、自分なりのジェリーを作っているのが分かりました。

なにより本当に楽しい舞台でした。歌も本当に伸びやかで、「これまぁ様?」

と思ったことを覚えています。(すみません)

 で、大劇場お披露目の「王家に捧ぐ歌」。演目に「なんでや・・・」と思いました。

ショースターのまぁ様になぜ歌のオンパレードの一本物を、しかもラダメスってキャラ

じゃないだろうと、憤慨していました。が、幕が上がった初日、私が間違っていたことを

思わされました。歌、更に上手くなっていたんです。キャラじゃないだろうと思った

ラダメスも、本当にすてきで・・・・。一幕が終わったあと、劇場内ではざわざわしていました。良い意味で。「これ、かなり良いんじゃないか・・・」というざわめきでした。

 そしてその次の「シェイクスピア」。脚本が生田先生ということでかなり不安でした。なぜなら、生田先生の「ラストタイクーン」があまり好評ではなかったからです。

が、それは杞憂であったことを私はまた思わされました。本当に楽しかったからです。

 この時から、私は「まぁ様率いる宙組の舞台は絶対、面白いんだ・・・!」と

確信しました。だからそれ以降の博多座「王家に捧ぐ歌」も、キャラじゃないといわれた「エリザベート」も、今回の「王妃の館」もなんにも心配していませんでした。

 だって絶対面白いから、そしてそれは私の期待以上に。

 

 記者会見の映像や写真を見ましたが、まぁ様ってなんて綺麗なひとなんだろうと

改めて思いました。内面も外面も。

 本当にまぁ様率いる宙組の舞台が大好きです。