読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そこには愛しかありませんでした@千秋楽

今更ながら、宙組「王妃の館 VIVA! FESTA!」千秋楽の感想です。

 

千秋楽。それは、一種独特な雰囲気がする場所でもあります。

どちらかというとコアなファン、何回もその公演を見てきたような人、

生徒の熱心なファン、そして退団する生徒のファンが多く見に来ます。

宝塚は愛に溢れた場所だと、よく言われます。良くも悪くも、愛が重いとは

思いますが(笑

そして今回幸運にも千秋楽を見れた私は、改めて宝塚がそういった場所なのだと

痛感しました。

 

今回退団するのは、みりおんのみ。入りも見てきましたが、真っ白な服装で身を

固めたファンが大勢いました。特徴的だったのは、みりおんが登場したときです。

ファンの方々のぱぁっと明るくなった表情、そしてみりおんの笑顔。

「あぁ、みりおん愛されているなぁ。」と。なぜかそれだけでも、泣きそうに

なりました。

 

そしてお芝居、ショー。千秋楽ということで、アドリブもたくさん。

個人的に一番好きだったのは、ずんちゃん演じる戸川くん。

影ツアーにダブルブッキングがばれ、そして逆にそのダブルブッキングを応援すると

言われた後の台詞です。

「皆さんのことが大好きです~。」

お芝居のアドリブとはいえ、「私も宙組大好きだよ・・・」と思いました。

 

そしてショーで嬉しかったのは、下級生メインでの場面で手拍子が自然と起きたこと

です。ここずーっと手拍子したかったんですが、私が見た時は今までなかったんです。

でも下級生の頑張り、コーラスがすっごく良くなっていて、見ている人たちが自然と

手拍子していたのだと思うと、もうとても嬉しくて・・・。

下級生も手拍子が入ったことに嬉しかったのか、とても良い笑顔でしたね。

 

そして何よりも、今回退団するみりおんの登場や、はける時に、とても大きな拍手が

送られていました。特に男役の中でみりおんが踊るシーン、みりおんがポーズを

決めた後本当に大きな拍手でした。ショーが止まってしまいそうなほど。

オケも少し長めに止めてくれていたように思います。

義務感とかそういうのではなく、心からの拍手。「みりおん、ありがとう」という観客

の思いが私には感じられて、胸があつくなりました。

 

そしてみりおんのサヨナラショー。圧巻でした。みりおんのためのショー、そして

本当にみりおんが主役のショーでした。印象的だったのは、まぁ様がトップスターにも

関わらず、あくまでもみりおんを主役として徹していたことでした。まぁ様が登場する

のは「世界に求む」でのコーラス、そしてみりおんとのデュエットダンスの時のみです。

それも、あくまでもみりおんを主役として、本当にさりげなかったことが、みりおん

への「愛」だと感じました。

そしてそのみりおんは、本当に素晴らしかった。歌声が表情がダンスが、まさしく

トップ娘役でした。宙組の誇れるトップ娘役でした。

でも王家のデュエットダンスは少し反則な気がします。今回私は笑顔でみりおんを

見送りたかったのですが、ここで号泣してしまいました。みりおんとまぁ様が

あんまりにも美しくて。でも私だけではなかったと思います。周りの人のすすり泣きが

いっぱい聞こえましたので(笑

 

宙組の組子への愛、今回退団するみりおんへの愛、今回の千秋楽はいつもにも増して

愛が溢れた千秋楽でした。

いやー、宙組が好きだなぁ・・・・。