読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレヨン=牛というギャップ萌え

宙組を見てきた人なら、このタイトルでも分かるはず。

そう王妃の館ではとってもかわいいクレヨンを演じ、ビバフェスタでは

とってもカッコイイ牛を演じている蒼羽りくさんです。

私の中では、ダンスの上手い下級生のイメージが強いので、

「りくちゃん」と呼ばせて下さい。

 

今回の王妃の館の役が発表されるまで、誰がクレヨンを演じるのか?

ということは結構私の中で楽しい妄想でした。クレヨンと言う役は、

女装をした男性の役で、同じツアー客の元警官役マコちゃんに言い寄っている

役です。役の大きさ的に、きっと上級生でおそらく男役だろうと思っていました。

なので私の予想としては、澄輝さん?それか和希そら?それともりくちゃん?

まさかりんきら?などと考えていました。

で、結果としてりくちゃんになったのですが、これがめちゃくちゃ私は好きです。

なぜなら、とっても可愛いから。りくちゃんのクレヨンは、スタイルが良くて

(美脚!!)見た目も中身も可愛くて、空気は読めるし、マコちゃんをそれとなく

たしなめることもできる素敵な人です。

脚本の田淵先生は、クレヨンをいわゆる「オカマ」として笑いのオチに使っている

みたいですが、それを和らげているのはりくちゃんのおかげだと私は思っています。

以前も「オカマ」という言葉を使っていることに、少し違和感はあると述べていましたが、それは今も変わっていません。

じゃあクレヨンさんは「オカマ」だということで嘲り笑っていい人なのかというと、

これは違います。だってりくちゃんの演じるクレヨンはとっても素敵な人だから。

もちろん可愛いのになぜかごついと感じてしまうことや、可愛い見た目で低い男役声

でわざと台詞をいうなど、クレヨンで笑うことはあります。でもそれはあくまでも

クレヨンの作る笑いであって、クレヨン自体を笑う内容ではありません。

今公演で、クレヨンとマコちゃんの今後やそれ以前を想像することが楽しくて仕方ない

私ですが、それはクレヨンとマコちゃんを演じたりくちゃんとあっきーが役を魅力的に

演じているからだと考えています。

 でなにが言いたいかというと、りくちゃんの演じるクレヨンは素敵!!っていうことです。(マコちゃんについてはまた後ほど)

 

で、そんな可愛いクレヨンを演じていたりくちゃんですが、ショーはひどいです。

何がひどいって、めっちゃカッコイイ!ということです。もうあの可愛いクレヨンを

演じていた人はどこへ?という感じです。ニヤリとしたり、ウィンクしたり。もう

今公演はウィンクしまくりで、非常に危険です。

 で牛というのは、今公演で「牛追い祭り」をテーマにした一場面があるのですが、

そこでりくちゃんは牛を演じています。

「いやいや牛って・・・。」と思うんですが、これがカッコイイんですよ。

まぁ様をリフトしたり、銀橋でジャンプしたり、ダンサーりくちゃんの良さが

これでもかと感じられます。

 

これだから宝塚って面白いよなぁ、と今回のりくちゃんを見て思います。

女性が男性を演じ、そのうえで女装している男性を演じる、そして人間でないもの

として牛を・・・。なおかつパレードでは素敵な笑顔ですよ・・。

ふり幅がすごい、と思います。そして一つの公演でここまで色々なのも、何でもありの

宝塚っぽいといいますか。

 でもそれをしているタカラジェンヌってすごいなぁと思います。

あー、りくちゃんのお茶会行きたかったなぁ・・・。